育毛剤と発毛剤

髪の毛を濃くする、増やす、育てるという分野の商品は、現在各社から多数販売されています。
育毛剤と発毛剤の商品を耳にすることがあると思いますが、この違いとはなんなのでしょうか。
説明していきましょう。

育毛剤とは、髪の毛の育成を助けるものです。
まさに、毛を育てる働きをします。
現在ある髪の毛を丈夫、健康、改善する働きをするものです。
脱毛を出来るだけ抑え、フケやかゆみをなくし、しっかりとした髪を育てます。

発毛剤とは、毛を発する、発毛させる働きをします。
当然、こちらも読んで字のごとくなのです。髪の毛を生やすものです。
どちらかというと育毛剤よりも働きとしては強いものになります。

育毛剤は今ある髪の毛に対して、よりよい髪の毛になるようにしようとするもので
発毛剤はこれから生えてくる髪の毛に良い影響を促そうとするものです。

現在様々なメーカーから育毛剤や発毛剤が販売されています。
血流を良くして髪の毛をしっかりとしてものにするようなもの頭皮の状況を良くして、
髪の毛のための土台をしっかりとつくりあげるもの、
頭皮の雑菌など悪い菌を殺す殺菌するものなど豊富な商品がございます。

育毛剤と発毛剤はそれぞれ髪の毛や頭皮に対する働きかけが違うのです。
薄毛や抜毛の予防を求めたいのであれば、育毛剤だけを使うのではなく、目的によっては、
発毛剤と育毛剤を併用する事でそれぞれの機能的に不足している部分を補い、
良い部分に対しては、相乗効果が発揮されることもあります。

髪の毛が減って、薄毛が目立つ、生えている髪も細くなってきて、
ボリュームも感じられなくなったという人は育毛剤と発毛剤を共に使ってみるのもいいかもしれません。

人によって悩みがそれぞれ違うものです。
また同じ脱毛症の悩みでも症状や状況によって違いがあります。
ある人の脱毛症のタイプには効果を発揮するけども、
別の人の脱毛症には効果を示さないということもあり得ます。

むしろ副作用が出てきて、髪の毛や頭皮にダメージを与える事もありますので
育毛剤、発毛剤の選び方、併用の仕方も含めて注意していくことが大事です。