育毛剤と副作用

育毛剤にも副作用が起きる場合もあります。
問題なのが医薬品である育毛剤は、副作用のリスクがあるので気を付けなければいけません。

医薬品である商品だけがつかえるミノキシジルという成分が代表的です。
このミノキシジルという成分には、副作用の可能性がありますので注意すべきです。
育毛剤に用いられるミノキシジルは大変効果が高いです。
リスクはつきものになります。

元々、高血圧の人に処方する薬としてのものでした。
だから、元々低血圧の人が、育毛剤として服用してしまうと血圧が下がりすぎる可能性があります。
血管拡張作用があるから、新陳代謝機能に支障をきたし発汗がおこったり、悪寒がしたり、
心拍数の増加するなどの事も起こりうるのです。

育毛剤のなかでは、ミノキシジルの成分が含まれている医薬品だから、安心で効果が高い、
とアピールする傾向にあります。

医薬品であれば、ミノキシジルは使えるのです。
医薬品でなければミノキシジルは使えないので、
そのようにアピールポイントとしてクローズアップされるのでしょう。

次に代表的な成分ではプロペシアというものがあります。
男性ホルモンが作り出す原因となります。
この成分は前立腺肥大、前立腺がんの治療薬として開発されたものです。
成人男性のみが使用でき、未成年および女性は使用できません。
副作用としては、精力減退、眠気、使用初期の脱毛などの事例がみられます。

このように医薬品の育毛剤の副作用は、いろいろとありますが、育毛剤を使用している人の全体の
およそ5%程度なので、ほとんどの人は問題なく気にしなくてもいいかもしれません。

しかし、医薬品の用法や用量を守らず乱用した場合、副作用のリスクが高くなる可能性があります。
どちらにしても育毛剤を服用している人は、性欲減退、多毛症、頭痛、不整脈、しびれなどの異常があれば、
念のため副作用を疑うことも大切です。